新型コロナウイルス感染拡大に対する取り組み

非破壊検査基本技術コース(初級・中級)

非破壊検査基本技術コースは、【初級】と【中級】がございます。

非破壊検査とは、構造物を破壊せずに点検を行うことです。ドローンを用いることで通常見ることができない場所や角度から構造物の確認をすることができるようになります。

まず、国土交通省への飛行許可申請が可能となる10時間フライトを達成する基本コース「フライト基本技術コース」を4日間(32時間)学んでいただきます。

続けて、「非破壊検査基本技術コース【初級】」は、ドローンで構造物点検を行うための必要な知識を習得、技術向上を目指すコースです。(フライト基本技術コース4日+非破壊検査1日)

更に、「非破壊基本技術コース【中級】」は、構造物を使った実践的な実地を通してドローンでの点検に必要な基礎技術を学べるコースです。

なお、こちらの非破壊基本技術コース【初級】および【中級】は準備中のため、ご希望される方はご相談ください。

非破壊検査基本技術コースはドローンを用いて非破壊検査を行うための技術を学ぶためのコースです。基本技術コース以外の測量技術コースや農薬散布コースをご希望の方も、まずはフライト基本技術コースを学んでから、他のコースにステップアップしていただく流れとなります。

本カリキュラムは、厚生労働省の「人材開発支援助成金」の要件を満たしております。

目次

非破壊検査基本技術コースはこんな方にオススメ

  • 土木、建築関係、公共設備関係(道路/公園/橋/施設)などの点検作業がお仕事の方
  • 新たなお仕事としてドローンを活用されたい方

プログラムの特徴と強み

  • 安全な運航を重視した講義内容です。
  • 操縦に必要な法律、気象、機体構造、安全対策等について学びます。
  • GPS(自動制御)モードだけでなく、ATTI(手動制御)モードによる実技を行います。
  • 飛行許可申請のる10時間のフライト基準を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことができるようになります。

Safety

安全への理解

ドローンを安全に操縦するだけでなく、法律はもとより関連する安全知識を「分かるまで」サポートします。

Technique

飛行技術

ドローンを商業利用する際に求められる複雑な操作を分かりやすく習得して頂き、実務でのスムーズな運用を行えるよう「できるまで」サポートします。

Meteorology

気象学

気象予報会社・気象予報士のバックアップのもと作成されたプログラムで、「誰でも」ハイレベルの気象知識を得られます。

非破壊検査基本技術(初級)コースの基本カリキュラム※準備中

ドローンで構造物点検を行うための必要な知識を習得、技術向上を目指すコースです。(フライト基本技術コース4日+非破壊検査1日)

非破壊検査基本コース
(初級)
詳細・内容
費用297,000円(税込)
受講日数5日間(8時間✖️5日間=40時間)
講習場所・枚方津田会場(野外)→一般講習会場
・寝屋川会場(屋内)→一般講習+目視外飛行・夜間飛行会場
・交野会場(野外)→測量会場
スケジュール
1日目
・座学(心得・法律 航空法・マルチコプターの基礎知識・フライト準備編・シュミレーター)
・実技(四角飛行・長方形飛行・三角形飛行・直角三角形飛行)
スケジュール
2日目
・座学(その他法律 道路交通法、・電波・気象・安全)
・実技(旋回1、八の字、旋回2、三角上下)
スケジュール
3日目
・座学(リスクアセスメント、空撮編説明、自動航行編説明)
・実技(ATTI飛行ホバリング、移動・目視外飛行・夜間飛行)
スケジュール
4日目
・実技(空撮飛行・練習・実技試験)
・座学(座学試験)
スケジュール
5日目
※準備中につき、確定次第追記します。お問い合わせいただいた方には別途ご案内させていただきます。
持ち物筆記用具・帽子・サングラス
こんな方におすすめ土木、建築関係、公共設備関係(道路/公園/橋/施設)などの点検作業がお仕事の方
新たなお仕事としてドローンを活用されたい方

枚方津田会場(野外)

寝屋川会場(屋内)

交野会場(野外)

非破壊検査基本技術(中級)の基本カリキュラム※準備中

構造物を使った実践的な実地を通してドローンでの点検に必要な基礎技術を学べるコースです。

非破壊検査基本コース
(中級)
詳細・内容
費用330,000円(税込)
受講日数5日間(8時間✖️5日間=40時間)
講習場所・枚方津田会場(野外)→一般講習会場
・寝屋川会場(屋内)→一般講習+目視外飛行・夜間飛行会場
・交野会場(野外)→測量会場
スケジュール
1日目
・座学(心得・法律 航空法・マルチコプターの基礎知識・フライト準備編・シュミレーター)
・実技(四角飛行・長方形飛行・三角形飛行・直角三角形飛行)
スケジュール
2日目
・座学(その他法律 道路交通法、・電波・気象・安全)
・実技(旋回1、八の字、旋回2、三角上下)
スケジュール
3日目
・座学(リスクアセスメント、空撮編説明、自動航行編説明)
・実技(ATTI飛行ホバリング、移動・目視外飛行・夜間飛行)
スケジュール
4日目
・実技(空撮飛行・練習・実技試験)
・座学(座学試験)
スケジュール
5日目〜8日目
※準備中につき、確定次第追記します。お問い合わせいただいた方には別途ご案内させていただきます。
持ち物筆記用具・帽子・サングラス
こんな方におすすめ土木、建築関係、公共設備関係(道路/公園/橋/施設)などの点検作業がお仕事の方
新たなお仕事としてドローンを活用されたい方

枚方津田会場(野外)

寝屋川会場(屋内)

交野会場(野外)

非破壊検査基本技術コースのスケジュール

受講スケジュールは、事前に受講可能な日程をヒアリングして作成します。数日間連続で受講することも可能ですし、何日かに分けて受講することも可能です。連日続けて受講される個人事業主の方や、土日を2週連続で受講される会社員の方などもおられます。

ご都合に合わせて柔軟に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

※ただし、あまり間が空いてしまうと、せっかく学んだことを忘れてしまいますので、できるだけ続けて受講されることをおすすめしています。

受講費用とお支払いについて

非破壊検査基本技術コース(初級) 297,000円(税込)

5日間(8時間✖️5日間=40時間)
※最初の4日間はフライト基本技術コースと同様

非破壊検査基本技術コース(中級) 330,000円(税込)

5日間(8時間✖️5日間=40時間)

※法人単位でのお申込みの場合は別途、価格帯をご用意しております。
※各コースの講習機体はJUAVACがご用意いたします。
※受講費用およびカリキュラム内容等は、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

その他のコース
○フライト基本技術コース:安全にドローンを飛行させる為の技術/知識の習得を目的に飛行パイロット及び管理者を育てる方
○測量基本技術コース:ドローンによる測量技術を修得したい方
○空中散布コース:ドローンによる空中散布技術を修得したい方

「ドローン出張講習」 のご案内

受講者が3名以上の場合は、出張で座学の訪問講習を実施しています。

大阪枚方校では、ドローンの導入を検討されている、または導入を決定された企業様や団体様で、座学会場にお越しいただくのが難しい方を対象に「出張講習」も承っております。
ご要望に合わせた対応をいたしますので、興味のある企業様・団体様はぜひお気軽にお問い合わせください。

【対象者】
フライト基本技術コース/測量技術コースを申込の企業様・団体様。

【実施日時・時間について】
事前の打ち合わせにて決定いたします。

※3名様以上の同時講習に限ります。

よくあるお問い合わせ

よくあるお問合わせについては下記ページをご覧ください。

ドローンの業務活用をご検討している事業主様へ「人材開発支援助成金」 のご案内

JUAVACドローンエキスパートアカデミーのカリキュラムは、厚生労働省の「人材開発支援助成金」の要件を満たしております。

厚生労働省「人材開発支援助成金」制度の詳しい内容は下記URLよりご覧いただけます。受講をご検討中の事業主様につきましては、合わせてご検討材料としていただけましたら幸いです。

出典:「厚生労働省ホームページ」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

※支給対象事業主及び事業主団体等は「雇用保険適用事業所」であることが必要です。
詳しくは「各都道府県労働局」にお問い合わせ下さい。

目次
閉じる